主宰者紹介

飛田宗風(とびた そうふう) 

 1964年 東京都生まれ。小学校時代、伯母の点てた一碗のお茶のおいしさに心ひかれ、祖母や母も茶道の稽古を楽しむ傍らで育つ。大学時代に裏千家に正式入門。卒業後は会社員として仕事を続けながら茶道の修業を積み、出産・子育て期間は一時稽古を中断するも、再開後に茶名・宗風を拝受、2013年に準教授に昇格。現在、裏千家直門 正教授・降幡宗恵氏に師事。また、裏千家今日庵 東京道場では指導者向けの稽古で、現代茶道の最新の情報を得ながら修業中。製菓専門学校和菓子科にも学び、東京都認可 製菓衛生師の免許を取得。茶席菓子や懐石料理も含め、広く暮らしに活かすことのできる茶の湯を伝えたい思いで  2017年10月、自身の教室 樹庵 を開設。